トップ

不動産の評価方法とは

不動産の評価方法に関して

不動産評価の情報

  • マンション周辺の環境
  • 新着情報

    不動産の価格の評価の基準 

    土地や建物は、居住目的や事業、または賃貸として資産運用を目的として、私たちの生活に関わっています。この様な不動産を売買や相続によって移転をする時には、正確な価値が必要になり、鑑定士の評価や公的機関が行う相続税路線価や地価公示などによって、相場を把握することができます。公示価格は国土交通省が土地の値段を出すのですが、この公示価格は国土交通省の土地鑑定委員会が土地といった不動産の公示価格を決定します。また、土地などにかかる相続税や贈与税などは売買取引価格の約70パーセントから80パーセントで評価をされます。

    不動産の評価方法について 

    土地や建物などの不動産は、場所が隣接していて同じ広さでも、道路との接し方や隣の建物の高さなど、様々な条件で価値が異なり、一つとして同じものはありません。そのため、一物一価といって、価値が同じものも存在せず、さらには、そこがほしい人にとっての価値は高く、そうでない人にとってはそれほどでもないものになります。とはいえ、不動産の客観的な価値評価を行う場合、実売価額を、過去の近隣の取引事例を統計的に試算する時価評価と、相続税の課税価格を試算する方法があります。相続税の課税価額は、国税庁が毎年発表する、路線価を基礎にして行います。

    不動産,評価

    © Copyright 不動産の評価方法に関して. All rights reserved.